東洋医学と心の健康を考える

東洋医学と心の健康を考える

人生というのは悩みの連続でもあります。できれば悩みからの解放をしたいと思っている人もたくさんいます。もちろん悩みそのものが悪いわけではないですが、健康を害するほどの悩みというのは、現代社会の副産物でもあるストレスとなって表れています。人間の内面に対して考えるというのは、昔からよくありましたが時代の流れとともに、物質的な社会が現実性を乱しているということも、よくよく考えてみると当たり前のことです。私たちは健康を考える時に、病院に通ったり数値が気になったりして健康を維持しようと思いますが、これこそ本当に必要なことなのかも疑問になることもあります。

まず先決なのは心の健康になり、そして肉体的な健康というのはもっと違った方面からの考え方によって、治すことが自然の法則となっています。東洋医学では漢方薬というものがありますが、こちらも自然の薬草などを使って病気に対してアプローチをしていきますが、人間の自然治癒力を最大限に生かすことで病気に打ち勝つという意味を表しています。高血圧で悩んでいる人が、降圧剤を使って抑制することも大事ですが、根本的な治療を目的とする場合には、自然の力を生かすことをして健康を考えた方がいいです。

Copyright (C)2016東洋医学と心の健康を考える.All rights reserved.